スクール概要

名古屋アナウンスワークショップ NAWSのスクール概要と、校長からのメッセージ

基本情報

スクール名 名古屋アナウンスワークショップ
通称 NAWS(ナウズ)
創業者・校長 森兼太郎(もりかね たろう)
事務局

有限会社ミップ・ステーション内
ZIP-FMナビゲーター&ナレータースクール事務局
(ナビスク・NAWS事務局)

(所在地)
〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1丁目16-5 久屋アインス401
(TEL)052-955-1048
(E―Mail)info@nagoya-dj.com

スクール会場 株式会社ZIP-FM内 大会議室
〒460-8578
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目20-17 KDX桜通ビル17F
Googleマップ
スクール沿革 2004年 名古屋アナウンサースクールとして創業
2009年 名古屋アナウンスワークショップ(NAWS)に改称
少人数制のワークショップスタイルで、東海地区にてアナウンサーの養成に力を注ぐ。
2021年 ZIP-FMナビゲーター&ナレータースクールへ事務局を移行。

NAWS(ナウズ)校長からのメッセージ

NAWS(ナウズ)は、2009年に私が設立した、ワークショップ形式のアナウンサー受験対策スクールです。アナウンサー採用試験は超難関のため、独学では突破できないと言っても過言ではありません。しかし、アナウンサー・キャスター・レポーター等の需要は多く、毎年毎月のように募集があります。そこに挑戦すべく、名古屋から東京のアナウンススクールまで通う人も多くいます。しかし、そこには交通費もかかるし、時間もかかる。短期集中コースもあるようですが、私の経験上、数日間で実力を身につけるのは難しいでしょう。そこで、アナウンサーになりたい、本気で頑張りたい、そんな夢を持つ若者を、ここ名古屋で育成したいとの想いで、このスクールを創設しました。

私は山形放送、千葉テレビのアナウンサーを経て、中京テレビに来ました。ここでは、スポーツ実況から記者、そして採用担当も務めました。同期のアナウンサーでキー局やNHKなどで活躍した仲間も多くいます。こうした経験や人脈から蓄積したアナウンサー試験のノウハウなどを余すことなく提供し、きめ細やかなカウンセリングで毎年多くの合格者を出しております。NHK地方局は30歳位迄受験ができますので、新卒だけでなく、転職でアナウンサーになった人もたくさんいます。私の夢は、地元の人間の地元放送局採用。そして、さらに全国に飛び立っていってもらうことです。アナウンサーの仕事ほど魅力あるものはないと私は思っています。あなたも私と一緒に夢を叶えませんか。

森兼太郎

元中京テレビアナウンサー 森兼太郎